ウォーターサーバーイメージ

母の日のプレゼントしてウォーターサーバーを検討してみる

義実家は姑と義姉の二人暮らしで男手がありません。
そのため、買い物に行くなどの主婦業は姑が担っていますが、姑もいつまでも若くはありません。
長期入院中の舅の看護に毎日病院通いをする多忙な毎日の中で、昔と同じように精力的に主婦業をこなしていました。
そのような状況の義実家では、いつもペットボトルのミネラルウォーターを購入して愛飲しているようなので、先日の母の日にウォーターサーバーを我が家の負担で導入してはどうかと思い検討してみることにしました。
これまで、自動車で重たい水をまとめ買いしに行っていたのだから、そういう面ではウォーターサーバーを導入したほうが楽になるに決まっています。
女性のか弱い力で日常的にたくさんの水を購入するのは非常に面倒なものです。
特に自動車から降ろして台所まで運ぶのは大変な重労働です。
特に姑は以前にぎっくり腰を患ったことがあるため、家族もみんな心配していました。
しかし、義実家では最も気にするであろう置き場所が問題です。
こだわり抜いて建て直した義実家のキッチンはアイランド型のオープンキッチンで、ウォークイン収納まで備えています。
いつもきちんと整頓されていながら、姑の趣味でキッチンツールや食器類が非常に多く取り揃えられているため、ウォーターサーバーのような大型のものを置く場所がありません。
配置する場所には周辺から電源も確保しなければなりません。
目に付く場所に置きたがらないであろうことは予測出来ましたが、かといってウォーターサーバーはそれなりに大きいもので、目に付かないようにするということは非常に難しいと考えました。
ウォークイン収納の中ももういっぱいで、そこには入れられなさそうであることはわかっていましたので、なるべく小さく、インテリアになじむようなものはないかと探しました。
最近、テレビCMなどでもウォーターサーバーをよく目にするし、家庭に導入しているところも増えてきているようで、多くの会社から選ぶことが出来そうでした。
逆に迷ってしまうほどでした。
水の種類も色々あるし、サーバーの機能や見た目も義実家では気にしそうだったので、いくつか候補をピックアップしました。
例年通りであれば、母の日のプレゼントに相談はせず、サプライズでしたが、今回ばかりは使用する義実家の意向を確認しなければなりません。
ピックアップしたいくつかの候補の資料を持って相談に行くことにしました。
新しいものを導入することをあまり好まない姑は、そのようなものは不要だと言いましたが、義姉は導入に積極的な姿勢を見せてきました。
今回は母の日のプレゼントながら、義姉が希望するともなれば姑の了解を得やすくなるのも事実です。
不要ならば解約することも踏まえて、試してみることにしました。
結果的には大変気に入ったようで、便利に使用しているようです。
特に義実家では義姉が冷水を好み、姑は熱い緑茶を好むため、両方が使えるサーバーは大変便利なようです。
姑は入院中の舅の好物であるお茶を淹れて毎日見舞いに通っていますが、舅もお茶が美味しくなったと言っていると聞き、ひとつ親孝行が出来たとこちらも嬉しくなったプレゼントとなりました。

Copyright(C) 2010 水の購入.com All Rights Reserved.